技術間

IT技術(主にwebとインフラ)についてメモを残していきたいと思っています

Atomファイル再読込パッケージ

最近メインエディタをvimからAtomに変更しました。 少し前まではコンソールを叩いている事が多く、コーディングと離れていたのでvimで十分だったのですが、 久しぶりに本腰を入れてアプリケーション開発をすることになったため、使い続けてきたvimを離れ、Atomを使い始めました。 typescriptでもパッケージ1つ入れるだけでシンタックスチェック含め様々な支援をしてくれるので助かっています。

しかし、パッケージ同士の競合かわかりませんが、変にバッファが溜まってしまい(?)正しい箇所でシンタックスエラーが出る事が往々にしてありました。 ファイルを開き直すと解決するため、コマンド1つでファイル再読込できる機能を探していたらこのようなパッケージを見つけました。

revert-buffer
atomの公式パッケージのようですね。

このパッケージを導入後コマンドパレットにてRevert Buffer: Revertを実行すると、今開いているファイルを再読込します。 ファイルを編集中の場合、編集前に戻るため保存を忘れないようにしましょう。

そして逐一コマンド打つのも大変なので、キーマップを編集し、ショートカットキーを登録すると便利かと思います。

'atom-text-editor':
  'ctrl-cmd-r': 'revert-buffer:revert'

とりあえずCtrl-Cmd-rに割り当ててますが、競合してないことを祈っています。